家計簿は必要!?私が家計簿をつけ続ける理由!

家計簿は必要!?私が家計簿をつけ続ける理由!

家計簿

「家計簿ってつけるのが面倒くさい」
「すぐにやめてしまう」
「レシートがなく、いくら使ったかわからない」
など、家計簿をつけようとしても続かないことが多くないですか?

そもそも、家計簿って必要なのか?

今回は、家計簿が必要かどうかについて書いていきます。

家計簿は必要である

結論から言って、家計簿は必要です。
私が家計簿を3年間つけているということが、家計簿の必要性を表しています。

では、なぜ家計簿が必要なのでしょうか?

家計簿をつける理由は、所持金を確認できるから

私が、家計簿をつける一番の理由は、所持金の確認です。

「今、財布や銀行口座を合わせていくら持っているんだろう?」

複数の銀行口座を持っている人はこんな疑問を抱いたことがあるはず!
この疑問を解決してくれのが、家計簿です。
家計簿アプリを開くだけですぐに全財産を確認することができます。

今いくら持っているのかがわかれば、どれくらい銀行からお金をおろせるかもすぐに判断できます。

例えば、財布に5000円しかないとき、銀行口座からお金を引き出したいですね。
そんなときに、家計簿アプリを見ると、すぐに銀行口座にいくら入っているかわかります。
50000円入っていました。
だから、10000円引き出しても問題ないと判断できます。

いちいちATMで引き出す時に悩む必要がありません。

家計簿をつけるだけでは節約できない

 よく「家計簿をつけると節約できる」と聞きますよね。
 「お金がたまるのなら始めてみようかな」と考えている人は注意です。

 家計簿をただつけるだけでは、お金はたまりません。
 そりゃそうですよね(笑)
 だって、家計簿つけてるだけですもん。

 節約するためには、家計簿をつけて、そこから無駄を省く必要があります。
 家計簿を見て、「コンビニでよくコーヒー買ってるなー」とか。

 そういった無駄を探して、なくすことで初めて節約ができて、お金がたまります。
 それはちょっと、ハードルが高いですよね。

 だから、「家計簿をつけて節約できる」と信じて始めるとすぐにやめてしまいます。
 節約するためには、よっぽど強い意志が必要です。

 私も家計簿をつけ始めてから「節約できたか」というと、「できていません」。
 それほど、難しいのです。

 「今月は、飲み会が多かったなー」と振り返っても減らすことはできないですよね。
 小腹が空いたときにコンビニに行くのを我慢して、生活するのもストレスが溜まって苦しいですよね。

 節約はとても大変なんです。

日記としても活用できる

家計簿は簡単な日記としても使えます。
毎日日記を書いている人ってとても少ないですよね。
そんな面倒なことする時間がないって。

しかし、家計簿でちょっとコメントを残すだけで簡単な日記となります。

家計簿はもともとお金を使った金額と日付を記録していきますよね。
カテゴリ別にわけることもしていますよね。

その情報に、

どこに遊びに行ったのか
誰と行ったのか

といった情報をコメントとして加えてあげれば、簡単な日記の出来上がりです。
後で見直すと、いつ誰とどこに行ったのかがすぐにわかります。

振り返った時、「今月何してたっけ?」と忘れてしまうことがよくありますよね。
そんなときに、とても便利です。

まとめ

今回は、家計簿の必要性について書きました。

家計簿をつけると、財布や銀行口座にいくらあるか、すぐに見ることができます。
また、コメントとして「誰」と「どこ」で「何」をしたかを残すことで簡単な日記にもなります。

まだ、家計簿をつけ方ことがない人は、ぜひ一度やってみてください。
ただ、節約目的で始めると苦しいかもしれません。
最初は、「全財産の確認」くらいを目的にやってみることをお勧めします。

すでに家計簿をつけている人は、コメントを残してみましょう。
後で振り返る楽しみにもなりますよ!

おすすめの家計簿アプリは、また別の記事で書きたいと思います。

雑記カテゴリの最新記事

hello