目覚めの悪い朝からおさらば! スッキリ起きて1日を充実させる唯一のアプリはこれだ!

目覚めの悪い朝からおさらば! スッキリ起きて1日を充実させる唯一のアプリはこれだ!

目覚め 悪い
今回は、私が普段利用している目覚ましアプリを紹介します。

 

「ぼーっ、、、」
「あー、眠い、、、」

 

となり、二度寝する。
あるあるですよね。

 

こんな目覚めの悪い朝とはもうおさらば!
Sleep Meister を使うだけでスッキリと起きられます。

 

スッキリ起きて、朝の時間を有効活用しましょう!

 

朝スッキリ目覚めれる理由

sleep meister
Sleep Meisterを利用するだけで、スッキリ目覚められるのは、深い眠り浅い眠りを判断しているからです。
眠りには、深い眠りと浅い眠りがあり、浅い眠りのほうが起きやすいのは当たり前ですよね。

 

単純な目覚ましアプリや時計では、決まった時間にアラームがなるだけです。
深い眠りのときに無理やり起こされても、スッキリと起きれるわけがありません。

 

Sleep Meisterは、利用者の体の動きから自動で眠りの深さを把握します。
そのため、浅い眠りのときにアラームが鳴り、スッキリ目覚められるのです。

 

この機能を十分に活用するためには、アラームが鳴る時間に幅を持たせる必要があります。

 

例えば、あなたが朝6時に起きたいとします。
このときアラームの設定時間は、5時半から6時となります。
30分間で一番眠りが浅いタイミングでアラームが鳴るんです。

 

この機能がすごいんです。
今までは、朝目覚めが悪く、ぼーっとした状態で起きて、すぐに二度寝する。
こんな生活が日常でした。
しかし、このアプリを使い始めると、朝スッキリ起きられるようになりました。

 

決まった時間に起きたいという方には、アラームの鳴る幅を短くすることもできます。
最短で10分間にすることができるんです。
その分、浅い眠りのタイミングで起きられない可能性もあるので、私はおすすめしません。

スッキリ目覚めて朝活に取り組める

朝スッキリ目覚めることで、今流行の朝活に取り組みましょう。

 

朝活とは、「朝起きてから仕事や学校に行く前に普段できない活動をする」ことです。
たとえば、次のような活動です。

 

  • 読書する
  • ウォーキングする
  • ブログを書く

 

そう。
まさしく今、私は「ブログを書く」という朝活中です。
朝は脳もスッキリとしていて、ブログを書くのにもピッタリなんです。

 

 

先ほどアラームの鳴る時間に幅があると書きました。
ここが重要なポイントです。

 

毎朝、起きたい時間にアラームを設定しますが、それよりも前にアラームが鳴ります。
いつもより少しだけですが、早く起きれるんです。
この時間を利用して朝活をするんです。

 

あなたもさっそく実践してみましょう!

まとめ

今回は、私が毎日利用しているSleep Meister という目覚ましアプリを紹介しました。
このアプリは、浅い眠りと深い眠りを自動で判断してくれます。
そのため、朝スッキリ起きられます。

 

アラームが鳴る時間には、30分という幅があるところが注意点です。

 

しかし、この時間を有効活用しましょう。
いつもより早く起きて、朝活に取り組むことで充実した1日を過ごせます。

 

実際に1回お試しください。

おすすめアプリカテゴリの最新記事

hello